父の日もらって嬉しいお酒は?

ライフイベント

父の日にもらってうれしいお酒を調査

 もうすぐ父の日。例年、父の日の6月の第3日曜日は、お酒が最も買われる日のベスト10に入るそうです。酒文化研究所では、父の日にまつわるお酒に関するアンケートを実施。その結果を発表しています。ぜひ、父の日の参考にしてください。

もらってうれしい酒は「好みの酒」「評判の酒」「プレミアムビール」

 父の日のプレゼントに限らずもらってうれしい酒の質問に対し、酒好きを自認する方々の回答は、「好みの酒」でした(「好みの酒(65%)」と「好みの酒の上級品(53%)」)。その次にあげられたのが「巷で評判の酒」と「プレミアムビール」の2つです。どちらも3分の1の方が選択しています。贈る相手の酒の好みがわからない時には、よく話題にのぼる酒やプレミアムビールを選ぶのがよさそうです。

父の日を盛り上げるアイデアも

 調査では、父の日を楽しむアイデアも調査。その結果、最多は「父を思い出しながら飲む」の40%でした。亡き父や、コロナによって会えず、離れて住む父を思い出しながら飲む酒は、父の好みの酒でも自身の好みの酒でも盛り上がりますよね、

また、ユニークなアイデアや盛り上がった経験談が寄せられました。
〈盛り上げアイデア〉
・父がおいしいという酒を聞き出して購入し、父と一緒に飲む。(20代・男性)
・好きな酒でシャンパンタワーをやってあげる。(40代・男性)
・家族全員で集まって親父を囲むのが、一番うれしそう。(50代・男性)
〈盛り上がった体験談〉
・毎年シャンパンを贈った。母と二人でゴージャスな雰囲気を楽しんだ様子。(70代・男性)
・名前入りの日本酒を贈ったら、職場に「届いたぞ~」と電話かけてきた。(50代・女性)
・毎年、ビールの種類を変えて贈っている。今年は何?と楽しみみたい。(60代・男性)

今年の父の日は6月20日。もうすぐやってきます。父親の好きなお酒と共に食事を楽しむ。会えなくてもプレゼントとして贈ったり、電話やオンラインで会話することで、大切な一日として想い出になると思います。

詳しい調査結果は、https://kyodonewsprwire.jp/release/202105265428

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LAFIT ラフィット

自分と家族、大切な友人
みんなのライフイベントを
楽しく・お得に準備できるアプリ