お盆について

ライフイベント

お盆とは?


お盆とは、先祖の霊(精霊)を祀る期間のことを指します。8月15日を中心とした前後2日間をあわせた4 日間で行われることが多く、国民の祝日ではないものの、この期間を「お盆休み」としている企業や組織も多いようです。

お盆の過ごし方


地域により様々な風習のあるお盆。過ごし方を1例ご紹介します。
8月1日、地獄の蓋が開く日とされ、この日からお盆 期間に入ります。仏壇やお墓を清掃し、精霊(先祖や故人の霊)を迎える準備をしましょう。7日、お供え物を飾る精霊棚(しょうりょうだな)を設置。台には敷物を敷き、精霊馬(しょうりょううま)を供 えます。13日、自宅の目印として「迎え火」を焚き 精霊をお迎え。14日・15日、お盆の間、精霊は精霊」 棚に滞在するとされていますので、果物や甘味、お 膳などを供えます。16日、精霊の滞在は午前中ま で。午前中はお供えをし、夕方に「送り火」を焚い」 て送り出します。

精霊馬の作り方


家族、パートナーと一緒に作ってみましょう お盆の間、精霊棚に飾られる精霊馬(しょうりょう うま)・精霊牛。初めて知ったかたもいらっしゃる。 かもしれません。実はこの「精霊馬・牛」、西日」 本・関西から九州にかけては作る風習のない地域が多いのです。
作り方は簡単、4本のマッチ棒や折った割り箸などを きゅうりやなすへ差し込み、馬、牛に見立ててお供 えをします。足の速い馬に乗ってあの世から早く戻 ってこられるように。帰りは、歩みの遅い牛にお供 え物を乗せ、ゆっくり帰ってもらえるように、との 願いが込められています。
この世とあの世が繋がり、祖先を身近に感じられる お盆。あまりなじみのない方も、大切なご家族やパ ートナーと一緒に作ってみませんか。きっともっと」 身近な行事になりますよ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LAFIT ラフィット

自分と家族、大切な友人
みんなのライフイベントを
楽しく・お得に準備できるアプリ