非常食をキャンプに活用

夫婦生活

いざという時の防災用非常食はファミリーキャンプなどのアウトドアで活用しよう


防災教育の専門家でもある神戸親和女子大学教授の中溝先生は、災害時に備え「普段から家族でオートキャンプや釣り、登山などアウトドアを楽しみながらサバイバルスキルを身に付けてほしい」とアウトドア活動を推奨。日頃からアウトドアなどのレジャーを通して「楽しみながらアウトドアスキルを実践する」ことや「非常食を食べてみる」事が非常時に役に立つようです。また、年に一度家の備蓄見直しを行い賞味期限の近い非常食を利用するローリングストック方もいざという時の備につながります。

詳しくはこちら https://www.onisifoods.co.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LAFIT ラフィット

自分と家族、大切な友人
みんなのライフイベントを
楽しく・お得に準備できるアプリ