お中元を贈り忘れた人必見

ライフイベント

お中元!送り忘れた人!

一年の半分が終わる頃、親しい方やお世話になった方へ日頃の感謝を伝える日本の大切なツールの一つ「お中元」。はっと気づいたときには「もう贈る時期を過ぎてしまった!」と焦ってはいませんか?

贈り忘れた方必見!8月いっぱいまで間に合う「残暑御見舞」で贈ろう

地方によって贈る期間が大きく異なるお中元ですが、一般的には一番遅い九州でも8月15日までに贈るとされています。「忘れてしまっていた」、「忙しくて送れなかった」ということがあっても、8月後半を迎えるこの時期は「残暑御見舞」や「残暑伺い」などと表書きを変えれば失礼なく送ることができます。
一般的な夏の贈り物の時期としては

・お中元・・・7月1日~8月15日前後※地域によって異なる
・暑中見舞い・・・梅雨明け~立秋
・残暑見舞い・・・立秋~8月末

とされています。
なお、残暑見舞いは遅くても8月中に贈るようにするのがマナーとされています。お中元を贈り忘れてしまい残暑見舞いで対応する場合には、できるかぎり早く、9月にまたがらないようにしましょう。
また贈る際に品物だけでなく一筆お手紙や一言添えることで、形だけではない気持ちも相手に伝わり喜ばれるでしょう。長くお付き合いしていきたいからこそ、こういった日本ならではの伝統ある贈り物文化は大事にしていきたいですね。

地域ごとの時期や贈り方をもっと詳しく→ https://e-mono.jr-central.co.jp/column/ochugen/jiki.html/

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LAFIT ラフィット

自分と家族、大切な友人
みんなのライフイベントを
楽しく・お得に準備できるアプリ