マスク着用2年目の夏

未分類

マスク生活の夏、 1日あたりの水分補給量は約9割が足りていない?


新型コロナウイルスの蔓延によりマスクの着用が日常となった2年目の夏。コロナ禍でライフスタイルが一変し新しい生活様式が定着しつつある今、水分補給不足や運動不足による熱中症リスクの増加など、新たな課題が発生しています。

BRITA Japan調べによるアンケートでは、4人に1人以上が、熱中症にならないように「マスク」に工夫をしており、「通気性のいいマスク」をすることが一番のようです。一方で、年代別で見ると若い人ほどマスクを工夫している傾向だが、全年代で40代が最も工夫していない結果がでています。また、水分補給量も昨年夏同様約9割が足りていないと感じているようです。

アンケート詳細 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000057138.html

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LAFIT ラフィット

自分と家族、大切な友人
みんなのライフイベントを
楽しく・お得に準備できるアプリ